ポップオーバーというお菓子

我が家の中学生と高校生の二人の娘は、甘いものに目がないというか、常に美味しいスイーツを探していて、新しいもの好きでもあります。私も甘いものは大好きですが、あちこち目移りする感じではなくて、好きな定番のスイーツを食べている感じです。でも、娘たちが仕入れてくるスイーツ情報は楽しいというか、二人の希望のスイーツを聞いて、一緒に買いに行くこともしばしばあります。たとえば、最近では「ポップオーバー」というお菓子にはまっています。昨年だったかな、テレビで取り上げられたことをきっかけにして、人気化し、注目を集めているようです。どういうものかというと、卵をふんだんに使っています。高温で焼き上げたシュークリームの外皮を持ったデニッシュですね。中は空洞になっています。空洞にアイスクリームやフルーツを入れてスイーツに。または、空洞にしたままで、食事と一緒に食べたりすることもできます。娘たちは、スイーツ以外の食べ方には興味はないようですが。

不動産投資をしている知人

不動産投資をしている知人がいて、どんなふうに投資しているのか興味をもち、その人を訊ねてみました。いろんな話を聞いて、私もやってみたいと思いましたが、金額が大きな取引になるから、なかなか勇気がありません。でも、いろいろと勉強をして、私でもやれそうなところから、やってみたいという気持ちが強くはなっています。また、いくらシュミレーションをしても、実際に取引してみないと分からないこともあると感じました。「やってみたら、意外と簡単なんだよ」とその知人は言っていました。でも、その人は実際に収益物件をいくつか買って家賃収入を得ている経験がありますし、だから、簡単と言えるのですね。私の場合、リスクに関して、気になるタイプなので、あれこれ勉強して、結局、怖くてできなかったとなるかもしれませんが、いま考えられる不動産投資のリスクとしては、空室や滞納など家賃収入がストップしてしまうリスクですね。また、不動産投資用のローン借入れ金利が上昇するリスクもありますね。

社内恋愛に関してのルール

社内恋愛に関してのルールがあるとすれば、仕事とプライベートの公私混同はしないということですね。それから、ともに働く周りの人達を巻き込まないことかな。その二つをしっかり守って、無茶をしないかぎり、社内恋愛はOKというか、オープンにして楽しめばいいと私は思います。交際中の男女がいる職場で仕事をするのは、周りの人達のほうが気を遣う傾向がありますね。だから、オープンにはせずに、基本的には恋愛関係を黙っておくのが大人のルールと考える人も少なくありません。まあ、昼休みとかの休憩時間に、職場で露骨にべたべたしている交際中の男女がいたら、ちょっと閉口してしまいますが、普通に過ごしているかぎりは、私は気になりません。むしろ、同じ社内で、恋愛禁止といった職場があれば、そのほうが不自然と思いますね。あとは、当人の自覚の問題ですね。仕事をしに来ているのか、恋愛をしに来ているのか、その区別をつけて、仕事をしたほうがいいのは確かです。

肉じゃがは家庭の味の代表

肉じゃがって、美味しいですよね。でも、私の父親はあんまり好きな料理ではなかったから、子供の頃は、ほとんど食べていません。大人になってから、居酒屋とか炉端で食べるようになり、こんなに美味しいものをどうして今まで食べていなかったのか、と思いましたね。母親は父親が苦手なものは作らないから、仕方がないけれど、実は、母親は肉じゃが大好きだったようです。それを聞いて、母親と一緒に肉じゃがを作ることに。父親には食べさせないで、母親と私で美味しく食べました。肉じゃがというのは、「彼女に作ってほしい料理の定番」と言われたり、「肉じゃがといえば家庭の味」と言う人も多いですね。また、料理の腕がどの程度か、味付けがわかりやすくて、味覚のセンスもわかりやすい料理とも言われていて、これは彼や旦那に作るときに、評価しすい料理とも言えそうですね。私は基本のレシピは無視して、いろんな具材で、適当に作ります。肉も鳥、豚、牛と、あるものを使います。